20150614 川上岳(かれおだけ)予定が急遽変更。となりの位山へ。

2015.06.14

活動詳細

詳しく見る
川上岳(かれおだけ)の宮川ルートを目指して登山道へ。 今回の登山は、登山道へたどり着くまでが核心でした。 結論から言えば、登山道にたどり着けず。 郡上を抜けて、南側から登山口を目指そうとしましたが、 手前の林道12キロほどで、災害通行止め。たどり着けず。 出発前に、情報を手に入れることができなかった。 カーナビのVICSも教えてくれなかったし・・・。 やむなく、高山まで北進し、飛騨一之宮の位山からさらに奥を目指し、 約70キロを迂回しました。 こっちもまた、登山口手前5キロぐらいの林道が、災害通行止め。たどり着けず。 別の登山道を目指す、気力も時間も無くなりました。 やむなく位山への登山に変更しました。 位山→川上岳の縦走を目指します。 9:30登山開始予定を大幅に遅らせて、11:30位山登山開始。 位山モンデウススキー場のゲレンデからではなく、 さらに奥を目指して、未舗装の狭い山道を、地図とカーナビを信じて徐行で30分ほど登りました。 登山口の駐車場は、車が10台程度止まれそうでした。 先客には、マイクロバスまでいました。 登山口から、位山山頂までは、のぼり30分程度。 巨石群を見ながら、林道を抜けていきます。 多少の倒木がありますが、難所なし。 あっという間に山頂と、広場へ。 正午に山頂到着。 時間的に厳しいことを覚悟して、 となりの川上岳までの縦走ルートを進みます。 縦走ルートは、地図で見ればアップダウンがそんなに無いのですが、 暑さと士気の低さで、消耗していきます。 時間が押しているので、ペースを速めますが、 逆にバテてしまい、ツラさが増してきます。 道に迷うことは無いでしょう。 登山道をふさぐ、大きな倒木が数か所あります。 山へのダメージの大きさがよくわかりました。 午後1時半、ルート途中で撤退を決めました。 川上岳まではあと1.5時間ぐらいかかったでしょうか。 今度は、秋になったら、萩原ルートで、 川上岳に再訪問したいです。 本日の教訓 *熊よけ鈴は、絶対に持っていくべき *暑かった。もっと涼しいと思っていたのに。 *飛騨地方は、移動距離が長くなる。運転がつかれる。

道具リスト

  • futura 32

    deuter

  • コールマンのトレッキングポール

    その他

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。