馬ノ神岳

2021.02.27(土) 日帰り

ここ数年、ずっとチャンスを伺っていた馬ノ神岳ピークハントですが、遂にチャンスがやってきました。 降雪後に快晴で無風ってのが週末に当たるというラッキー。 1人で冬山とか、出来ればやりたくなかったのですが、ここまで条件が揃えば行くしかない!! 安全をみて徹底して尾根コースで行きましたが、何とか登頂し、無事に楽しんで帰って来れました。 最近は雪が少なくて神嶺林道をスキーで歩くのも厳しくなってましたが、今日はまだ全行程で行けました。 ただ、やっぱり上はカリッカリのアイスバーンでしたね。。。 急なところは普通にシールハイクするのが困難なレベルでした。 滑走も、吹き溜まりパウダーは楽しめましたが、気が抜けなかったです。 アイスバーンでスピードが出やすいなか、下部の低灌木のヤブを抜けるのもレースゲームみたい。 快適でオススメとまでは言えませんでしたが、森林限界を超えた雪山の景観の良さは素晴らしかったです。

白石スキー場の窓口で登山届を出して出発。下山報告も受け付けてくれますよ。

白石スキー場の窓口で登山届を出して出発。下山報告も受け付けてくれますよ。

白石スキー場の窓口で登山届を出して出発。下山報告も受け付けてくれますよ。

神嶺林道を歩いて、ココから尾根に取りついたのですけど、南側の急斜面に雪がなくてスキーを脱いで登りました。

神嶺林道を歩いて、ココから尾根に取りついたのですけど、南側の急斜面に雪がなくてスキーを脱いで登りました。

神嶺林道を歩いて、ココから尾根に取りついたのですけど、南側の急斜面に雪がなくてスキーを脱いで登りました。

馬ノ神岳はカラマツが自生する北限らしいです。

馬ノ神岳はカラマツが自生する北限らしいです。

馬ノ神岳はカラマツが自生する北限らしいです。

このあたり、低木が密なうえ、アイスバーンの急斜面で、さすがにスキーをかついでツボで登りました。

このあたり、低木が密なうえ、アイスバーンの急斜面で、さすがにスキーをかついでツボで登りました。

このあたり、低木が密なうえ、アイスバーンの急斜面で、さすがにスキーをかついでツボで登りました。

平らになったところで休憩です。ちょっと疲れました。

平らになったところで休憩です。ちょっと疲れました。

平らになったところで休憩です。ちょっと疲れました。

更に登ると、森林限界を超えて展望が開けました。最高。けど、急なところはカリカリで、スキーアイゼンが大活躍です。

更に登ると、森林限界を超えて展望が開けました。最高。けど、急なところはカリカリで、スキーアイゼンが大活躍です。

更に登ると、森林限界を超えて展望が開けました。最高。けど、急なところはカリカリで、スキーアイゼンが大活躍です。

水引入道を背に馬ノ神岳に登頂です。山頂では景観を楽しみつつカップラーメンを食べてましたが、寒くなってきて早めに撤収しました。

水引入道を背に馬ノ神岳に登頂です。山頂では景観を楽しみつつカップラーメンを食べてましたが、寒くなってきて早めに撤収しました。

水引入道を背に馬ノ神岳に登頂です。山頂では景観を楽しみつつカップラーメンを食べてましたが、寒くなってきて早めに撤収しました。

ううむ、ココを滑るのか。。。(笑

ううむ、ココを滑るのか。。。(笑

ううむ、ココを滑るのか。。。(笑

意外と楽しく滑れました。まぁ、、、狭さ的に数人が限度ですね。馬の髪?

意外と楽しく滑れました。まぁ、、、狭さ的に数人が限度ですね。馬の髪?

意外と楽しく滑れました。まぁ、、、狭さ的に数人が限度ですね。馬の髪?

途中で低灌木がうるさくなります。ここに至るまでは、乗る尾根を間違いやすいポイントなので慎重に。。。

途中で低灌木がうるさくなります。ここに至るまでは、乗る尾根を間違いやすいポイントなので慎重に。。。

途中で低灌木がうるさくなります。ここに至るまでは、乗る尾根を間違いやすいポイントなので慎重に。。。

白石スキー場の窓口で登山届を出して出発。下山報告も受け付けてくれますよ。

神嶺林道を歩いて、ココから尾根に取りついたのですけど、南側の急斜面に雪がなくてスキーを脱いで登りました。

馬ノ神岳はカラマツが自生する北限らしいです。

このあたり、低木が密なうえ、アイスバーンの急斜面で、さすがにスキーをかついでツボで登りました。

平らになったところで休憩です。ちょっと疲れました。

更に登ると、森林限界を超えて展望が開けました。最高。けど、急なところはカリカリで、スキーアイゼンが大活躍です。

水引入道を背に馬ノ神岳に登頂です。山頂では景観を楽しみつつカップラーメンを食べてましたが、寒くなってきて早めに撤収しました。

ううむ、ココを滑るのか。。。(笑

意外と楽しく滑れました。まぁ、、、狭さ的に数人が限度ですね。馬の髪?

途中で低灌木がうるさくなります。ここに至るまでは、乗る尾根を間違いやすいポイントなので慎重に。。。