千丈寺山(三田市)

2021.02.25(木) 日帰り

入山に関しては別のルートを利用した方が良いです。 別コースについては要調査。

北浦天満宮からスタートです

北浦天満宮からスタートです

北浦天満宮からスタートです

境内の様子です

境内の様子です

境内の様子です

境内右手の脇道から登山道がありますが...

境内右手の脇道から登山道がありますが...

境内右手の脇道から登山道がありますが...

私有地なので入山禁止です

私有地なので入山禁止です

私有地なので入山禁止です

入念に封鎖されています。
(多分カメラはないです)

入念に封鎖されています。 (多分カメラはないです)

入念に封鎖されています。 (多分カメラはないです)

登山道です。

登山道です。

登山道です。

景色はとてもよいです

景色はとてもよいです

景色はとてもよいです

途中には休憩場所も

途中には休憩場所も

途中には休憩場所も

南には三田市街が見えます。

南には三田市街が見えます。

南には三田市街が見えます。

北側の景色もグッド

北側の景色もグッド

北側の景色もグッド

山頂付近の様子

山頂付近の様子

山頂付近の様子

登山ルートにはなっている?

登山ルートにはなっている?

登山ルートにはなっている?

尾根道を進みます

尾根道を進みます

尾根道を進みます

倒木がいくつかありました

倒木がいくつかありました

倒木がいくつかありました

傾斜の激しい場所にはロープがあります

傾斜の激しい場所にはロープがあります

傾斜の激しい場所にはロープがあります

岩場ですこし危険です

岩場ですこし危険です

岩場ですこし危険です

山頂からの景色です

山頂からの景色です

山頂からの景色です

ドローンが飛ばせそうなスペース

ドローンが飛ばせそうなスペース

ドローンが飛ばせそうなスペース

別の登山口がありそうです

別の登山口がありそうです

別の登山口がありそうです

頂上です

頂上です

頂上です

三田市街が見えます。

三田市街が見えます。

三田市街が見えます。

到達の証。

到達の証。

到達の証。

下山も少し傾斜があります

下山も少し傾斜があります

下山も少し傾斜があります

北千丈寺山の山頂も近いです。

北千丈寺山の山頂も近いです。

北千丈寺山の山頂も近いです。

火をおこしたあとがあります。

火をおこしたあとがあります。

火をおこしたあとがあります。

祠がありました。

祠がありました。

祠がありました。

下山コースの案内があります。

下山コースの案内があります。

下山コースの案内があります。

また祠です。

また祠です。

また祠です。

ゆっくり下山しましょう

ゆっくり下山しましょう

ゆっくり下山しましょう

三田市の管理している場所でもあります

三田市の管理している場所でもあります

三田市の管理している場所でもあります

森のレストラン。
看板が壊れていました

森のレストラン。 看板が壊れていました

森のレストラン。 看板が壊れていました

貴重な植生地でもあります

貴重な植生地でもあります

貴重な植生地でもあります

看板に従い進みます

看板に従い進みます

看板に従い進みます

もう少しです

もう少しです

もう少しです

生き物の紹介です

生き物の紹介です

生き物の紹介です

看板に従い進みます

看板に従い進みます

看板に従い進みます

里山林についての解説

里山林についての解説

里山林についての解説

乙原てんぐの森の解説。

乙原てんぐの森の解説。

乙原てんぐの森の解説。

看板に従い進みます

看板に従い進みます

看板に従い進みます

左に迂回します

左に迂回します

左に迂回します

憩いの場がありました

憩いの場がありました

憩いの場がありました

看板に従い進みます

看板に従い進みます

看板に従い進みます

登山者のカウンターもありました

登山者のカウンターもありました

登山者のカウンターもありました

駐車場前の様子です

駐車場前の様子です

駐車場前の様子です

トイレもあります

トイレもあります

トイレもあります

駐車場前の様子です

駐車場前の様子です

駐車場前の様子です

北摂里山博物館の看板もあります

北摂里山博物館の看板もあります

北摂里山博物館の看板もあります

てんぐの森駐車場へ続く道です

てんぐの森駐車場へ続く道です

てんぐの森駐車場へ続く道です

喫茶店がありました

喫茶店がありました

喫茶店がありました

まちかど観光案内所にもなっているようです。

まちかど観光案内所にもなっているようです。

まちかど観光案内所にもなっているようです。

バス停前にてんぐの森への案内看板があります。

バス停前にてんぐの森への案内看板があります。

バス停前にてんぐの森への案内看板があります。

乙原口コミのバス停です。

乙原口コミのバス停です。

乙原口コミのバス停です。

三田駅方面へ帰りましょう

三田駅方面へ帰りましょう

三田駅方面へ帰りましょう

本数は多くはありませんので、計画的に登山しましょう

本数は多くはありませんので、計画的に登山しましょう

本数は多くはありませんので、計画的に登山しましょう

北浦天満宮からスタートです

境内の様子です

境内右手の脇道から登山道がありますが...

私有地なので入山禁止です

入念に封鎖されています。 (多分カメラはないです)

登山道です。

景色はとてもよいです

途中には休憩場所も

南には三田市街が見えます。

北側の景色もグッド

山頂付近の様子

登山ルートにはなっている?

尾根道を進みます

倒木がいくつかありました

傾斜の激しい場所にはロープがあります

岩場ですこし危険です

山頂からの景色です

ドローンが飛ばせそうなスペース

別の登山口がありそうです

頂上です

三田市街が見えます。

到達の証。

下山も少し傾斜があります

北千丈寺山の山頂も近いです。

火をおこしたあとがあります。

祠がありました。

下山コースの案内があります。

また祠です。

ゆっくり下山しましょう

三田市の管理している場所でもあります

森のレストラン。 看板が壊れていました

貴重な植生地でもあります

看板に従い進みます

もう少しです

生き物の紹介です

看板に従い進みます

里山林についての解説

乙原てんぐの森の解説。

看板に従い進みます

左に迂回します

憩いの場がありました

看板に従い進みます

登山者のカウンターもありました

駐車場前の様子です

トイレもあります

駐車場前の様子です

北摂里山博物館の看板もあります

てんぐの森駐車場へ続く道です

喫茶店がありました

まちかど観光案内所にもなっているようです。

バス停前にてんぐの森への案内看板があります。

乙原口コミのバス停です。

三田駅方面へ帰りましょう

本数は多くはありませんので、計画的に登山しましょう