北アルプス前哨戦!!西穂高岳へ

2015.06.14(日) 09:02 - 2015.06.14(日) 13:58
Hotakadake, Yarigatake, Kamikochi (Nagano, Gifu, Toyama)
岩場は嫌いではありませんが、やはり高度感があって滑落の危険があるとなると話は別。 少し避けていたところがありましたが、苦手を克服しようと一念発起し、西穂高岳へ足を運びました。 以前独標まで行って引き返したことがあるので、その時やり残したことを果たしに再度チャレンジ!! 本日の行程はこんな感じでした。 新穂高ロープウェイ(8:45始発)・・・西穂高口駅(8:53)・・・千石平園地(9:00出発)・・・西穂山荘(9:56<5分休憩>)・・・西穂独標(10:43)・・・ピラミッドピーク(11:03)・・・西穂高岳(11:34<20分休憩>)・・・西穂独標(12:35)・・・西穂山荘(1:10<10分休憩>)・・・西穂高口駅(13:58) 今の時期、しらかば平からのロープウェイの始発は8:45~となっていて、終電が16:45です。 料金は、しらかば平からの場合、往復2,800円、このほかに駐車場代500円(アスファルトの駐車場、砂利の駐車場は300円)、荷物が6キロを超える場合300円必要になります。 ロープウェイで荷物代を徴収されないように、ジェットボイルやクッカーを家に置いてきたのに、軽量するとなんと12㎏もあった・・・。一体何が入っているんだろう?自分でも不思議。 西穂高口駅から西穂山荘までは森の中を歩きます。アイゼンは必要ありませんが、まだ所々雪が残っており、気になる方はスパッツがあるといいかもしれません。あと森の中を歩いていると、半端ない虫攻撃にあいます。ネットを被っている人もいらっしゃいましたが、今日は必要性を感じました。虫よけスプレーをしても十分かかっていないところを狙ってくるので少々煩わしいです(>_<) 西穂山荘から独標までは、ガレ場を登っていきます。ハイマツ帯によりそうようにお花が咲いており、見ごたえがあります。独標までの道中は、左手に笠ヶ岳、右手には穂高連峰+上高地、後ろを振り返ると、焼岳+乗鞍岳と北アルプスのスターたちがお出迎え!(^^)!。きょろきょろしながら高度を稼いでいきます。 ものの本を見ると、ビギナーの方は独標までと書かれていることが多いですが、私的には独標に最後の岩壁もなかなかの難物だと思います。初めて来たとき怖かったですよ(>_<) 独標から先は未踏エリア。慎重に登っていきます。独標からの下りからいきなり高度があって緊張。遠く西穂高岳山頂に人の姿が見えるので、それを励みに進んでいきます。 独標から西穂高岳山頂まで、確かに危険な箇所が多いですが、ずーっと超危ないというわけではなく、慎重に足を運んでいくと何とかなるところが多かったように思います。しかし、超危ないなぁ~という場所もいくつかあり、独標からピラミッドピークまでと西穂高岳山頂直下の登りは本当に注意を要する場所です。 特に山頂直下の登りは「壁」といった感じで、登る時より下りるときの方が怖かったです。 そのほか、足の置き場をどうしようか考えるところもあったので、雨が降っている時や風が強い日などはあまりおすすめできない場所のような気がします。 西穂高岳山頂に到着。最近ペンキが塗りかえられた山頂標識にごあいさつ。薄曇りの天気でしたが、穂高連峰や槍ヶ岳を拝むことができました。登ってきた道を振り返ると、ノコギリの刃のようなギザギザした山の連なりに驚かされます。

写真

千石平園地に咲くミズバショウ

千石平園地に咲くミズバショウ

遠くに見える西穂高岳。まだまだ遠いなあ~。

遠くに見える西穂高岳。まだまだ遠いなあ~。

登山道には所々雪が残っています。アイゼンは不要ですが私は滑りました(>_<)

登山道には所々雪が残っています。アイゼンは不要ですが私は滑りました(>_<)

笠ヶ岳♫

笠ヶ岳♫

まだ桜が咲いていました。

まだ桜が咲いていました。

こんな岩がゴロゴロした道もあります。

こんな岩がゴロゴロした道もあります。

どかっと残っていますね~。

どかっと残っていますね~。

西穂山荘近くで咲いていました。何の花かな~?

西穂山荘近くで咲いていました。何の花かな~?

西穂山荘に到着。小休止し、虫よけスプレーを念入りに!!

西穂山荘に到着。小休止し、虫よけスプレーを念入りに!!

今日の秘密兵器♫ここで装着。

今日の秘密兵器♫ここで装着。

さ~て、まずは独標を目指しましょう。

さ~て、まずは独標を目指しましょう。

赤茶けた焼岳が悠然と聳えています。

赤茶けた焼岳が悠然と聳えています。

独標から、ピラミッドピークから西穂まで見通せます。

独標から、ピラミッドピークから西穂まで見通せます。

この稜線歩きは、笠ヶ岳がずっと見えるから好き❤

この稜線歩きは、笠ヶ岳がずっと見えるから好き❤

まずはハイマツ帯を抜けないといけません。

まずはハイマツ帯を抜けないといけません。

ガレガレした道を登っていきます。

ガレガレした道を登っていきます。

段々独標が近づいてきます。

段々独標が近づいてきます。

調べたけど名前が分かりませーん(T_T)

調べたけど名前が分かりませーん(T_T)

独標の最後の登り。何度見ても急なんですけど!!

独標の最後の登り。何度見ても急なんですけど!!

独標到着!!少し雲が多くなってきましたね。

独標到着!!少し雲が多くなってきましたね。

登ってきた道をみてすこし和む。

登ってきた道をみてすこし和む。

いよいよ未踏エリア。いざ行かん!!

いよいよ未踏エリア。いざ行かん!!

岳沢から前穂→奥穂は登ってみたいルートです。

岳沢から前穂→奥穂は登ってみたいルートです。

よく見かける花なんですが、名前が・・・(T_T)

よく見かける花なんですが、名前が・・・(T_T)

何だっけな~、名前が出てこない(T_T)

何だっけな~、名前が出てこない(T_T)

独標先の岩場。険しい箇所が続きます。

独標先の岩場。険しい箇所が続きます。

高度感あるし、足の置き場がよく分からん。

高度感あるし、足の置き場がよく分からん。

何とかピラミッドピークに到着。この先、幾分ましになりますが、気は抜けません。

何とかピラミッドピークに到着。この先、幾分ましになりますが、気は抜けません。

鎖のある岩をよじ登る。

鎖のある岩をよじ登る。

奥の三角錐の岩峰が西穂高岳山頂です。

奥の三角錐の岩峰が西穂高岳山頂です。

見てください、ノコギリの刃です。ギザギザロケンローですよ。

見てください、ノコギリの刃です。ギザギザロケンローですよ。

所々ある数字。1が西穂岳本峰です。3とあるので、あと一つ越していかないといけません。

所々ある数字。1が西穂岳本峰です。3とあるので、あと一つ越していかないといけません。

ここも、足の置き場に迷いました。細いよな。

ここも、足の置き場に迷いました。細いよな。

落ちたら・・・いかん、いかん、いいこと考えよう。どこかでカエルのような鳴き声が?

落ちたら・・・いかん、いかん、いいこと考えよう。どこかでカエルのような鳴き声が?

雷鳥さん見っけ❤

雷鳥さん見っけ❤

もう一羽見っけ❤多分つがいですね。パワーもらいました。

もう一羽見っけ❤多分つがいですね。パワーもらいました。

これです。西穂山頂の頂上直下の壁。足がかりを探すの大変でした。

これです。西穂山頂の頂上直下の壁。足がかりを探すの大変でした。

来たー!!西穂岳岳山頂!(^^)! YES!!

来たー!!西穂岳岳山頂!(^^)! YES!!

この先は一般の方通行止めです。大丈夫、行く気がしません、怖すぎて。

この先は一般の方通行止めです。大丈夫、行く気がしません、怖すぎて。

少し雲が多いですが、槍もバッチリ見えます。サンキュー!!

少し雲が多いですが、槍もバッチリ見えます。サンキュー!!

三角点にタッチ!!

三角点にタッチ!!

よく歩いてきたなあ。まだ帰りがあるから気が抜けないけど。

よく歩いてきたなあ。まだ帰りがあるから気が抜けないけど。

笠ヶ岳さーん、また行くね!!

笠ヶ岳さーん、また行くね!!

双六岳とか見えないかな!?

双六岳とか見えないかな!?

奥穂高方面も少し日が差してきたかな?

奥穂高方面も少し日が差してきたかな?

しばし、絶景を楽しむ。

しばし、絶景を楽しむ。

岩場の上にゴローン。

岩場の上にゴローン。

向きを変えてゴローン。

向きを変えてゴローン。

さあ、下ります。正直言って、下りの方が怖いです。

さあ、下ります。正直言って、下りの方が怖いです。

こんな岩場を歩いてきたんだよなぁ~。

こんな岩場を歩いてきたんだよなぁ~。

独標が近くになってきました。

独標が近くになってきました。

あともう少しで独標だ~。すこし気持ちに余裕が出てきた。

あともう少しで独標だ~。すこし気持ちに余裕が出てきた。

険しかったよ、西穂高岳さん。

険しかったよ、西穂高岳さん。

再び独標に到着。ここは先を急ぎます。

再び独標に到着。ここは先を急ぎます。

何度見ても迫力ありますよね。独標からの下りも結構怖いと思います。

何度見ても迫力ありますよね。独標からの下りも結構怖いと思います。

上高地を見下ろして。一度ゆっくり散策してみたいなぁ~♫

上高地を見下ろして。一度ゆっくり散策してみたいなぁ~♫

今日はロープウェイあるとはいえ、やっぱり下りは苦手。足の指が痛い(>_<)

今日はロープウェイあるとはいえ、やっぱり下りは苦手。足の指が痛い(>_<)

ハイマツの下にひっそりと咲いておりました。

ハイマツの下にひっそりと咲いておりました。

平らなハイマツ帯を歩くのって何だか好きなんですよ(^o^)

平らなハイマツ帯を歩くのって何だか好きなんですよ(^o^)

ケルンと遠くに見える焼岳の図

ケルンと遠くに見える焼岳の図

ケルンが気に入ったので、西穂オールスターズとパシャリ!!

ケルンが気に入ったので、西穂オールスターズとパシャリ!!

笠ヶ岳方向も少し空が重くなってきましたね。

笠ヶ岳方向も少し空が重くなってきましたね。

焼岳にもまた登ってみたいな。今度は安房峠からね!!

焼岳にもまた登ってみたいな。今度は安房峠からね!!

登りはともかく下りの雪道は苦手。滑る滑る。

登りはともかく下りの雪道は苦手。滑る滑る。

雪道と夏道が交互に登場。

雪道と夏道が交互に登場。

雪道エリアを過ぎると・・・

雪道エリアを過ぎると・・・

夏道が小川状態。泥が跳ねますよ。

夏道が小川状態。泥が跳ねますよ。

本日ようやくの枯切り株シリーズ

本日ようやくの枯切り株シリーズ

登りの時と同じ場所で笠ヶ岳を撮影。

登りの時と同じ場所で笠ヶ岳を撮影。

ショウジョウバカマ?

ショウジョウバカマ?

苔シリーズ。

苔シリーズ。

ミズバショウの咲きっぷりが見事です。

ミズバショウの咲きっぷりが見事です。

ゴンドラの中で①

ゴンドラの中で①

ゴンドラの中で②。今日はゴンドラ空いていました。夏山時期は混むんでしょうね。

ゴンドラの中で②。今日はゴンドラ空いていました。夏山時期は混むんでしょうね。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。