経ヶ岳・舞岳

2021.02.23(火) 日帰り
pippu136
pippu136

活動データ

タイム

05:36

距離

5.8km

上り

820m

下り

819m

活動詳細

もっと見る

気にはなっていたが近くてなかなか行けてなかった佐賀県最高峰、本土最西端の1000mオーバーの経ヶ岳(きょうがたけ)へ。1時間ほど朝寝坊して金泉寺登山口へ向かう。天気は快晴!最高の登山日和。と、情報にない通行止め。土砂崩れとの事。2箇所行ったが両方とも通行止め。情報に書いてくれよなーと思いつつ、迷ってる暇がない。よし!意地でも登ってやる!というファイトが湧いてきてさらに1時間以上離れた登山口へ。日も高く、当然駐車場はほぼ満車。何とか端っこに停めて登山開始。最初は民家の中を歩き、畑の横から急に山に入る。思ったより急登。さらに山頂付近は鎖場もあり、よじ登るような感じで山頂へ。風もなく最高の天気!山頂にあった登山ノートに記載して、別ルートから下山・・・しかし本当の地獄はここから。急な下りと思いきや、岩場の稜線をかなりのアップダウンで下りて行く。途中の舞岳に立ち寄るも、さらに急な岩場の下りが続く。上りよりもかなり険しい。予想外の気温上昇により、水もここでなくなり、喉はカラカラ。しかもこっちは粘土質でかなりのヌルヌル。1度尻もちをつきモチベーションはダダ下がり(´•ω•̥`)緩やかになったと思いきや急な下りという階段状の急斜面を2時間以上かかりやっと下山。後ろの方も、しんどかったとバテバテ。2人で低山を舐めてたことを反省。でも不思議とまた登りたい。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。