御前山・惣岳山・水窪山・三頭山

2021.02.23(火) 日帰り

活動データ

タイム

09:47

距離

27.7km

上り

2839m

下り

2635m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 47
休憩時間
14
距離
27.7 km
上り / 下り
2839 / 2635 m
8
2
2
3
16
3
28
6
5
3
8
50
46
13
25
17
42
5

活動詳細

すべて見る

暖かくなってきたので、また奥多摩へ。 今日は奥多摩駅から都民の森まで40分くらい歩いたけど、6時着の電車に合わせてバスが出ていることを知った。いいなあ、登山客ファーストな奥多摩駅。 都民の森を通る登山道は一部通行止めになっていて、しばらく舗装路を歩く。看板は多いがわかりづらい。。やっと御前山への山道に入るところで、いきなり氷の道。 一応持っていたチェーンをカバンの底から出して装着。都民の森から御前山までは日陰の斜面だからか、ほんとにツルツルに凍っていた。こんなに暖かいのに、奥多摩マジック。 気温は穏やかだったので、ゴアテックスのマウンテンパーカーは休みにして、ユニクロの薄パーカー登板。下はメリノウールの長袖シャツで、服装はぴったりハマった。 御前山を過ぎると、左に富士山、右に奥多摩湖を見下ろす日向道。雪などどこにもなく、カラカラに乾いて風が強い。あとで気づいたけど、その名も風張峠だった。 三頭山へのルートは、つながってはいるけどいったん標高1000mまで下ってまた登るようになる。1500mの三頭山の山頂までは、急登りのルートを避けて推奨のブナの道をジグザグに登った。長い。いまいちリズムにのれず、ほんとにきつかった。 帰り道は落ち葉の斜面を滑るように、実際2回コケながら下る。奥多摩湖まで5km、これも長い。 下りたところまではコースタイム通り、予定外は強風で浮橋が渡れなかったこと。泣く泣く深山橋まで歩く。バスは1時間に二本くらいあるイメージだったけど、17時台はないので危なかった。 奥多摩駅に着くと、沿線火災で昼から休止していた青梅線があと2分で出るというのでダッシュ。10時間分の疲労は、あした来るかな。。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。